化粧水の正しいつけ方

  • 化粧水は質より量が大事

    • いくら保湿や美白に効果があるといっても、高級なブランド物化粧水をもったいないと思いながらちびちび使っていては本来の効果は享受できません。それどころか逆に保湿不足に陥ってしまい本末転倒になります。

      確かに、年齢や肌の質によっては安価な化粧水では対応できないこともあります。

      化粧水について考えます。

      ですがよほどの粗悪品でない限りは最低限の保湿能力を備えていますので、肌がびしょびしょになるくらいぜいたくに塗布すれば、高級化粧水を少しずつ使うよりも肌により潤いを与えられるものです。人それぞれスキンケアに使えるお財布事情はさまざまです。
      身の丈に合わない高級化粧水を選ぶより、少しランクを落とした安めのものを選んでふんだんに使用することをおすすめします。

      お財布に負担の少ないものでしたら化粧水パックにもたっぷり使ってももったいなさは出て来ないでしょう。


      ただし、自身の肌質によってはある程度の出費は仕方が無い場合もあります。



      アルコールに弱い人はノンアルコールの種類から選ぶ必要がありますし、美白効果を重視する人はどうしても最低価格が高めのものを選ばなければなりません。
      一番重要なことですが、特に肌質に問題がない人でも必ずパッチテストをすることが大切です。



      直接肌に塗布することが目的に作られているといっても薬品であることには変わりありません。ものによっては相性が悪いなどで肌が荒れることがあります。
      目立たないところであらかじめ反応を試してからにしましょう。

top