化粧水の正しいつけ方

  • 化粧水の正しいつけ方

    • お風呂上りや洗顔後に化粧水、乳液をつける習慣があるのにいまいち効果を感じない、お肌が乾燥気味であるという人は化粧水のつけ方に問題があるかもしれません。


      基本的には使っている化粧水の商品の使い方や一回の使用量の説明に従って使用すればいいのですがいくつか重要なポイントがあります。
      まず大切なのはお風呂上りや洗顔後に顔の水分を拭きとったらすごい勢いで顔から水分が奪われていくのでできるだけすぐにつけることです。
      できれば30秒以内が望ましいです。

      化粧水情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

      ドライヤーの暖かい風なんかは特に潤いを奪っていくので間違っても髪の毛を乾かした後にスキンケアを始めるなんてしないでください。

      次につけるときですが、必ず鏡を見ながらつけましょう。
      鏡を見ずに感覚でつけるとどうしても無意識のうちにムラができてしまって顔全体に化粧水がいきわたりません。



      きちんと鏡を見てつけムラがないかかくにんしながらつけましょう。

      また、化粧用コットンを使うのもムラをなくす方法の一つです。

      手でつけても同じのように思うかもしれませんがコットンは水分を含んだ状態を保てるので指だけではつけきれない細かい部分までしっかりと化粧水をいきわたらせてくれます。とくにしわなどが気になる箇所には時間をかけて押し当てるとより効果的です。



      一番よいのはシートマスクやパックですがコットンも部分的ではありますが使い方では同様の効果がえられます。


      手で付けるよりは少し時間がかかりますが一度試してみてください。

top